本文へスキップします。

【全】言語リンク
【全・日】検索フォーム
【全・日】ヘッダーリンク
ページタイトル

沼田幹夫代表からのメッセージ:日本産食品に対する台湾の輸入規制措置に関する公民投票の実施について

更新日時
コンテンツ
 本日,日本産食品に対する台湾の輸入規制措置に関する公民投票が実施されることが発表されました。
 国民党によって本公民投票が提案され,実施されることになったことを誠に不甲斐なく残念に思っています。これによって私の台湾に対する思いは変わることはありませんが,こうした結果になることは予想していなかっただけに失望を禁じ得ません。
 私の考えは,7月24日に発表したコメントの通りであり,ここで繰り返しませんが,毎年450万人以上の台湾の皆様が日本各地を訪問して頂いており,日本滞在中,皆様には福島を含む食材を堪能頂いています。安全な食材でなければ,日本国内で流通させることはできないのです。
 食品の輸入規制措置の是非は,本来、科学的・専門的な見地から冷静に判断されるべきものです。これが、政争の具とされ、ついには台湾の皆様全体をも巻き込んでしまいました。今,私に課されているのは,今回のこの国民党による一連の行動がこれまで大切に育んできた日本と台湾の友好関係にひびを入れることを何とか食い止めることです。良識ある台湾の皆様の冷静な判断を切に希望します。

2018年10月9日
公益財団法人日本台湾交流協会
台北事務所代表 沼田幹夫