本文へスキップします。

【全】言語リンク
【全・日】検索フォーム
【全・日】ヘッダーリンク
ページタイトル

台湾における一斉通報・安否確認のためのショートメッセージサービス(SMS)の運用開始について

更新日時

2015年 12月 11日作成

コンテンツ

 交流協会では,外務省が行っている「一斉通報・安否確認のためのショートメールサービス(SMS)」の運用を開始しました。万一の場合に備え,在留邦人の皆様におかれては在留届の提出(特に携帯電話の登録も電話番号が変更になった場合の変更登録等を含む)を励行願います。また,旅行等で当地へ来られる方は「たびレジ」への登録をお願いします。
(以下,外務省のお知らせ(概要))
 外務省では,海外での緊急事態に備え,在留邦人や日本人短期渡航者との間で複数の連絡手段を構築し,緊急事態発生時には皆様への情報提供を迅速に行うということは極めて重要であり,同手段は可能な限り機動的かつ多層的にする必要があると考えています。
 2013年(平成25年)1月の在アルジェリア邦人に対するテロ事件,2015年(平成27年)1月~2月のシリアにおける邦人殺害テロ事件を受け,従来の情報提供・安否確認手段に加え,一斉通報・安否確認のためのショートメッセージサービス(SMS)を運用することになりました。
 このサービスは,携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を利用することにより,皆様がお持ちの携帯電話に直接メッセージを配信できるようになることから,緊急事態が発生した,又は発生が予想される地域において,短時間に多数の皆様に情報提供できるようになります。
 外務本省及び他の在外公館からの一斉通報が受信できるようになった他,当地においては,さらに安否確認機能についても利用できるようになりました。
 このサービスを受けることができるのは,在留届を提出した方(海外に3か月以上の滞在を予定している方),または「たびレジ」へ登録(海外に3か月未満の渡航を予定している方)した方です。
  このサービスのご利用にあたっては,皆様から返信をいただく際にSMSの送信料金(場合によっては国際SMS料金)がかかります。また,次のような注意事項がありますので,予めご了承願います。皆様がご使用の携帯電話の設定・料金プランについては,ご契約の通信事業社にお問合せください。
 国際SMSに対応していない携帯端末では本サービスを受けることはできません。
 携帯電話の電源が入っていない場合や電波が届かない状態では本サービスを受けることはできません。
 国際ローミング中にSMSを受信できない携帯端末では本サービスを利用できません。
 現地の通信事業者が再送サービスを行った場合でも、リトライ回数やリトライ時間を超えた場合には本サービスを受けることはできません。
 一日のSMS送信数上限に達している端末からは本サービスへの返信はできません。
 ご利用者がSMSをブロックしている場合には本サービスを受けることはできません。

[ブロック設定例]
・全てのSMSをブロックする。
・他事業者のSMSをブロックする。
・国際SMSをブロックする。
・指定番号以外からのSMSをブロックする。
※ブロック設定の方法については、ご契約の通信事業者にお問い合わせください。
海外の通信事業者の規制・ポリシーによりSMSの受信もしくは返信ができない場合があります。

  ご不明な点等については,交流協会台北事務所,同高雄事務所又は外務省領事局海外邦人安全課(電話:81-3-3580-3311(代表))までお問合せください。

よくあるご質問(Q&A)