過去のイベント情報

印刷用ページを表示する 前のページを表示する 次のページを表示する

◆ <受付終了>台湾知財セミナー 〜台湾の知財政策、企業戦略、日台特許法の差異を紹介〜(3/14東京)

2013年 2月 14日作成

◆ 台湾知財セミナー 〜台湾の知財政策、企業戦略、日台特許法の差異を紹介〜(3/14東京)

(定員となりましたので、受付を終了いたします)

台湾では、企業の知的財産における収支が赤字となっていることや、特許審査期間が長期化しているといった報道が最近多く見られます。そのような中、より早い審査結果の通知や、次世代産業の知的財産に係るポートフォリオを戦略的に作成していくことなどが、台湾当局の方針として打ち出されている上、台湾の知的財産政策を決定する「知財戦略綱領」の作成が進んでいます。IT産業を中心とした産業競争力の支援を行っている台湾当局の知的財産に係る政策や、着々と力を付けている台湾企業の戦略を把握することは、知財業務に関わる皆様のみならず、台湾とビジネスを進めていく企業にとって、重要な事項であると言えます。

 
また台湾では、本年1月に専利法が施行され、新しい法律、基準における運用が開始されており、日台特許法の差異について把握することも必要となります。

 
公益財団法人交流協会では、同局のトップであり、知財全般のエキスパートである王美花・局長を招聘し、台湾の知財政策、企業戦略をご紹介いただきます。更に、台湾の法改正に従事した白杰立・科長を招聘し、日台の特許法の差異についてもご講演頂きます。ご多忙とは存じますが、多くの皆様方のお申し込みと、ご参加をお待ち申し上げております。

1.日時・場所:
日時:20114日( 13:30〜115
(受付開始13:00)
場所:ホテルオークラ東京 コンチネンタルルーム(定員150名)
東京都港区虎ノ門2−10−4 ホテルオークラ東京 本館1階  TEL:03−3582−1111

2.講演内容: 
「台湾知財政策及び企業戦略について(仮題)」
 台湾経済部智慧財産 局 局長 王美 花
「日台特許法の差異について(仮題)」 
 台湾経済部智慧財産局 専利一組第二科長 白杰立
 ※内容等は若干の変更の可能性がございますので、予めご了承ください。

3.参加費用:無料

4.お申込方法:(受付終了しました)参加申込書(pdfファイル)にご記入の上、3月8日(金)までまでにFAXにてご返送ください。
※定員に達した場合は締め切らせていただきます。なお、参加不可となった方にのみ、当協会より事前にご連絡しますので、予めご了承下さい。

5.主催:公益財団法人交流協会

6.その他:ご希望の方へ、当協会発行の模倣対策マニュアル等の報告書(日本語)を会場にて配布します。
※部数に限りがありますので、無くなりました場合にはご了承いただきますようお願いします。

7.お問い合わせ先:公益財団法人交流協会 貿易経済部 担当:和田 TEL:03-5573-2600(ex.32)

印刷用ページを表示する 前のページを表示する 次のページを表示する






© 2016 公益財団法人交流協会


ファイル添付アイコン
知財セミナー開催案内(東京).pdf