セミナー・イベント情報

印刷用ページを表示する 前のページを表示する 次のページを表示する

◆台湾情勢セミナーのご案内(1/17 東京)

2016年 12月 16日作成
2016年 12月 20日更新

 交流協会では、台湾から中小企業処 葉雲龍処長(経済産業省中小企業庁長官に相当)をお招きし、「台湾中小企業が五大産業イノベーションにおいて演じる役割と政府指導政策」をテーマとしたセミナーを開催致します。
 経済面において日本と台湾は互いに重要なパートナーであり、日台貿易総額は、日本から見て台湾は第4位、台湾から見て日本は第3位と、互いに上位を占める関係にあります。また日本の対台湾投資は、卸・小売り分野、サービス分野等の非製造業が増加傾向にあり、多岐にわたる産業分野において、更なる日台の経済貿易発展及び投資の活発化に期待が高まります。
 本セミナーでは、葉処長ご本人より、今年発足した新政権の下掲げられた、五大産業イノベーション政策をはじめとした最新の台湾情勢とともに、日台産業連携のメリット等についてお話いただくなど、新たなビジネスチャンスの気づきを得られる機会となりますので、是非、皆様のご参加をお待ちしております。

日   時:1月17日(火)14:00〜15:45(受付開始13:45)

会   場:ホテルグランドアーク半蔵門 3階 華の間
       (東京都千代田区隼町1−1)

講演テーマ:「台湾中小企業が五大産業イノベーションにおいて演じる役割と政府指導政策」
       (講師)葉雲龍 中小企業処長 ※講演は、中国語および逐次通訳

主   催:(公財)交流協会

後   援:独立行政法人中小企業基盤整備機構(予定)

定   員:100名

申込締切:1月12日(木)までにFAX(03-5573-2601)にてお申し込みください。申込書

参 加 費 :無料

問 合 先 :(公財)交流協会 貿易経済部 山ア、冨岡 TEL:03-5573-2600(内線32)

印刷用ページを表示する 前のページを表示する 次のページを表示する






© 2017 公益財団法人日本台湾交流協会