お知らせ

印刷用ページを表示する 前のページを表示する 次のページを表示する

◆ 台湾情勢に関する講演会のご案内(平成29年7月4日東京)

2017年 6月 12日作成

 

 日本台湾交流協会では、台湾から郭國文・労働部政務次長(厚生労働副大臣に相当)をお招きし、「台湾労働基準法の改正と今後の展望」をテーマとした講演会を開催致します。

 経済面において、日本と台湾は互いに重要なパートナーであり、日台貿易総額は、日本から見て台湾は第4位、台湾から見て日本は第3位と、互いに上位を占める関係にあります。また、日本の対台湾投資は、卸・小売り分野、サービス分野等の非製造業が増加傾向にあり、多岐にわたる産業分野において、更なる日台の経済貿易発展及び投資の活発化に期待が高まります。

 本講演会では、郭労働部政務次長より、昨年12月に立法院で可決され、本年1月から施行されている台湾労働基準法の改正を巡る最新の情勢とともに、今後の展望についてお話いただくなど、本件法律に対する理解を深め、台湾における労務体制等について気づきを得られる機会となりますので、是非、皆様のご参加をお待ちしております。


日時:7月4日(火)13:30〜15:15(受付開始13:15)

会場:霞山会館 霞山の間
  (東京都千代田区霞が関3−2−1霞が関コモンゲート西館37階)

講演テーマ:「台湾労働基準法の改正と今後の展望」(講師)郭國文・労働部政務次長
       ※日中逐次通訳にて行う予定です。

主催:(公財)日本台湾交流協会

後援:日本商工会議所、(独)中小企業基盤整備機構、(独)日本貿易振興機構(予定)

定員:100名(先着順)

申込締切:6月30日(金)までにFAXにてお申し込みください。
        申 込 書

参加費:無料

問合先:(公財)日本台湾交流協会 総務部 鳴海、鹿養 
      TEL:03-5573-2600(内線11、15)

印刷用ページを表示する 前のページを表示する 次のページを表示する






© 2017 公益財団法人日本台湾交流協会