セミナー・イベント情報

印刷用ページを表示する 前のページを表示する 次のページを表示する

◆台湾情勢セミナーのご案内(3/3 東京)

2017年 2月 6日作成
2017年 2月 24日更新

台湾情勢セミナー
(エネルギー分野等における日台企業連携の可能性を探る)

 公益財団法人日本台湾交流協会では、科技部の林威呈・南部科学工業園区管理局長を講師にお招きし、台湾情勢セミナーを開催致します。

 台湾は現在、「五大産業イノベーション計画」の中でグリーンエネルギーテクノロジー産業を重点の一つに掲げ、再生可能エネルギーの電源構成を2025年迄に現在の約5%から20%迄引き上げることを目指しております。この目標達成のため、現在、台南市沙崙地区にクリーンエネルギーサイエンスシティを建設する計画があり、そこに再生エネルギーに拘わる大学研究機関、研究所を集積させ、海外からの人材や技術も導入して、産業育成と新たな技術開発を行い、海外市場への展開も行う予定で、今後、このサイエンスシティへの日本企業の参画も期待されています。

 今回の講師である林局長は、このサイエンスシティの建設計画にも深く関わっておられますところ、本セミナーでは台湾の再生可能エネルギー政策や沙崙クリーンエネルギーサイエンスシティの建設計画とともに、南部科学工業園区の投資環境及び日台企業連携の可能性についてもご紹介いただく予定です。

 台湾における再生エネルギー政策への理解を深めるとともに、今後の日台間での産業連携や新たなビジネスチャンスへの気づきを得られる有益な機会となると存じますので、皆様のご参加をお待ちしております。

日  時:平成29年3月3日(金)13:00〜15:00(受付開始12:30〜)

会  場:AP新橋虎ノ門 11F A室
      港区西新橋1−6−15 NS虎ノ門ビル(日本酒造虎ノ門ビル)

地図URL:https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-shinbashitoranomon/tr-base/

講  師:林威呈 科技部 南部科学工業園区管理局局長 
      ※講演は中国語及び逐次通訳
      
講演テーマ:
  1.台湾の新エネルギー政策と沙崙クリーンエネルギーサイエンスシティ(仮題)
  2.南部科学工業園区企業間でのアライアンスの可能性(仮題)

主  催:公益財団法人日本台湾交流協会

後  援:スマートコミュニティアライアンス、(独)日本貿易振興機構

定  員:100名

申込方法:FAX(03-5573-2601)にてお申し込みください。
       申込用紙

参 加 費:無料

問 合 先:(公財)日本台湾交流協会 貿易経済部 角田、高橋 
        TEL:03-5573-2600 (内線22)

*なお、セミナー受講票は発行いたしません。当日は受付の際、名刺を頂戴いたします。

印刷用ページを表示する 前のページを表示する 次のページを表示する






© 2017 公益財団法人日本台湾交流協会