日本台湾交流協会について

前のページを表示する 次のページを表示する

財団法人交流協会は、1972年、日台間の外交関係の終了に伴い、実務レベルでの交流関係を維持するため、台湾在留邦人及び邦人旅行者の入域、滞在、子女教育並びに日台間の学術、文化交流等について各種の便宜を図ること、わが国と台湾との間の貿易、経済、技術交流等の諸関係を円滑に遂行すること等を目的として、設立されました。 設立年月日:1972年12月8日法 人 格:財団法人(外務、経済産業両省共管の認可団体)

日台関係

日台関係は、1972年当時に比べてはるかに密接なものとなっています。2001年の日台間の人的往来は、来日台湾人数は83.8万人で、来日外国人の中では韓国(134.3万人)につぎ第二位を占めています。台北・高雄両事務所で台湾人に対する査証発給件数は46.8万件に上っています。同年の訪台日本人数は97.8万人で日本人海外渡航者総数の6%を占め、台湾における外国人旅行者総数の37%を占めています。 また日台経済関係の現状を見ると、2001年の貿易総額は386億1000万ドル。内訳は日本から台湾への輸出が258億5000万ドル、輸入は127億6000万ドルとなっています。台湾にとって日本は第3位の輸出先、輸入先としてはトップで米国と並ぶ二大貿易パートナーです。また日本サイドから見ても台湾は輸出先として第4位、輸入先でも第6位を占めています。 台湾に進出している日系企業は約1,500社を超え、在留邦人も15,315人、うち台北市に8,688人(2002年1月末データ)を数えるなど大変緊密な関係にあります。

題名昇順または降順でソート可能最終更新日昇順または降順でソート可能
日本台湾交流協会の紹介01/01/2017
日台交流センター(台北)03/31/2004
日本語センター(台北)03/31/2004
東京本部03/31/2004
高雄事務所03/31/2004

前のページを表示する 次のページを表示する






© 2017 公益財団法人日本台湾交流協会