お知らせ

印刷用ページを表示する 前のページを表示する 次のページを表示する

日台ワーキング・ホリデー制度の査証発給枠拡大の実施

2014年 9月 24日作成

1.当協会と台湾側との間で、日台ワーキング・ホリデー制度の査証発給枠について、今般、現行の年間2,000件から年間5,000件に拡大することが合意されました。

2.今回のワーキング・ホリデー制度の査証発給枠拡大により、日台双方の青少年の交流や相互理解が更に促進されることが期待されます。

(参考)
日本側は、台湾住民である青少年に対して、1年を前後期(各期の査証発給枠は1,000件)に分けてワーキング・ホリデー査証の申請を受け付けているところ、今般の査証発給枠拡大の合意を受け、本年後期の申請(10月27日より開始)から査証発給枠の拡大を実施致します(以後、前後期の査証発給枠は2,500件となります)

印刷用ページを表示する 前のページを表示する 次のページを表示する






© 2017 公益財団法人日本台湾交流協会