凡例
     
戦後日本における台湾関係文献目録


  1. 本目録は、戦後の日本における台湾関連の文献を収集したものである。したがって、戦前期のものや、日本人研究者が海外で公刊した論考は含まれていない。また、戦前に公刊されていても、戦後復刊されたものは採録対象とした。内容的には、研究論文だけでなく、図鑑、事典、ガイド、小説などを幅広く包摂している。形態は活字とし、音声媒体、デジタル媒体のものは含んでいない。
         
  2. 入力したデータは以下のとおり。
    (1)著者名
    (2)ふりがな
    (3)単著・共著・編・共編・共編著の別
    (4)論文、著書、研究動向、報告、目録、年表、新聞記事等の別
    (5)書名・出版社名、総頁数
    (6)論文、文献名、掲載誌名、掲載頁
    (7)備考
         
  3. 検索
    (1)著者名検索年代別検索
    (2)キーワード検索
    (3)展開(著者名と年代を同時に見ることができます)
         
  4. 表示例
    氏名: 石田浩
    種別: 単著 研究動向
    題名: 「回顧と飛翔 −台湾史研究会創設25周年を迎えて−」
    雑誌名: 『現代台湾研究』 第23号
    備考: 25周年記念特大号
    出版社: 台湾史研究会
    出版年: 2002年7月
    掲載頁: 2頁-3頁
    頁数:



    [2003年6月 担当理事・川島真/北海道大学大学院法学研究科]
  
     

Supported by
公益財団法人交流協会