本文へスキップします。

【全】言語リンク
【全・日】検索フォーム
検索キーワード
【全・日】ヘッダーリンク
【全】言語リンク-SP
【全・日】検索フォーム-SP
検索キーワード
よく検索される語
【全・日】ヘッダーリンク-SP
ページタイトル

新着情報

新着情報(日本語)

2020年12月01日

プレスリリース台北

令和2年度外務大臣表彰について

 外務大臣表彰は、我が国との友好親善関係の増進に特に顕著な功績のあった個人および団体について、その功績を称えるものです。
 今年度は林善超氏及び台北市立動物園が表彰されました。ご功績に対し、衷心より敬意と感謝を表します。

●林善超 台中寶覺禪寺主任委員
功績概要:日本と台湾との相互理解の促進
台中寶覺禪寺は、台湾各地に点在する日本人遺骨の受入れや慰霊資材提供などを行っており、1961年以降、毎年開催されている日本人物故者慰霊祭の実施に継続して協力しています。林善超氏は1996年に主任委員に就任して以降、現在まで25年以上にわたり、日本人遺骨の受入れ、日本人墓地の維持管理、記念碑を設置するための同寺内の土地の提供など、継続的に多大な貢献をしてきました。

●台北市立動物園
功績概要:日本と台湾との相互理解の促進
日本統治時代に円山動物園として開園した台湾で最も古い動物園である台北市立動物園は、日本各地の動物園等との交流を積極的に推し進めており、2011年以降はほぼ毎年日本の動物園と動物交流覚書(MOU)等を締結し、日本との相互理解及び友好親善の促進に貢献しています。例えば、2011年に釧路動物園から特別天然記念物のタンチョウヅルを譲り受け、また、2019年には同じく特別天然記念物の阿寒湖の天然マリモの初めての海外展示を行う等、台湾において日本の動植物に触れる貴重な機会を提供し続けています。

令和2年外務大臣表彰(外務省サイト)


写真提供:台中寶覺禪寺


写真提供:台北市立動物園

承認:エディタ
承認:エディタ
承認:エディタ
承認:エディタ