本文へスキップします。

【全】言語リンク
【全・日】検索フォーム
検索キーワード
【全・日】ヘッダーリンク
【全】言語リンク-SP
【全・日】検索フォーム-SP
検索キーワード
よく検索される語
【全・日】ヘッダーリンク-SP
ページタイトル

文化ホール

コンテンツ

文化ホール1

文化ホール2

 

日本と台湾との交流促進を支援すべく、日台交流活動を行う場合、無料で多目的に使用できる文化ホール貸出を行っております。
詳しくは規程をご確認ください。

貸出条件

                                   
●使用可能日・時間
(1)原則として年末年始(12月29日から1月3日まで)、春節休暇及び当協会休所日を除く最長9日間。
(2)使用時間は午前10時から午後5時まで。

●使用可能な事業
(1)日本文化を主として台湾人に紹介する事業。
(2)日本語教育の振興を目的とした事業。
(3)日本と台湾ないし第三国を含む、文化、学術、芸術の交流を目的とした事業。
(4)在留邦人を対象とした講習会等、公益性の高い事業。
(5)その他、所長が特に認める事業。
※原則として一般に開放された一回性の催しであること。

●使用可能な団体・組織
(1)日台の交流に資する、日本又は台湾の非営利の団体・組織。
(2)日台相互理解促進を目的として公益性の高い非営利の事業を実施している団体・組織。
(3)その他、所長が特に認める団体・組織。
※個人での申請は受け付けません。

●利用条件
(1)原則として、文化ホール内では水分補給のための飲料のみ持込み可とする。飲食を伴う事業(日本の飲食文化を紹介するデモンストレーション等)を実施する際は、申請時にその必要性を説明し許可を得ること。
(2)事業実施においては、机や椅子の移動などの会場設営は使用責任者が行うこととし、終了後はただちに清掃、原状回復を行い、当所担当者のチェックを受ける。
(3)必要経費(施設の光熱費は除く)、消耗品の準備、必要人員(受付、警備等)および駐車場使用料は使用責任者の負担とする。
(4)事業の宣伝、外部からの事業の問い合わせへの対応は使用責任者の責任において行う。
(5)事業実施にあたり、使用する資料、ポスター、チラシ等は事前に当所担当者に送付する。
(6)活動内で生じたゴミは全て使用責任者が持ち帰る。
(7)使用責任者は使用期間中文化ホールに常駐する人員を確保し、当所担当者と連絡が取れるようにする。
(8)汚損の可能性のあるもの(抹茶、絵の具、墨汁等)を使用する場合は、事前に当所担当者に連絡し、汚損防止の措置をとる。
(9)文化ホール内の備品(展示品を含む)を使用、又は移動する場合は、事前に当所担当者の許可を得る。備品の外部持ち出しはできません。
(10)使用後は使用報告書(後述)を活動実施後1か月以内に提出する。
(11)当規程に定めのない事項について、当所担当者から指示がある場合はその指示に従う。

●禁止事項
(1)営利を目的とした行為。
(2)販売行為、入場料・参加費等金銭の徴収。ただし、ワークショップや講習会において使用する材料費等、実費のみの徴収については、これを認める。(材料費見積や収支計画を事前に提出すること。)
(3)商業目的の宣伝行為。
(4)政治活動、宗教活動、又はこれらに類する行為。
(5)当所内の秩序を乱し、又は公益を害する恐れがあると認められる行為。
(6)使用権の第三者への譲渡、又は転貸。
(7)収容人数を超えての入場。
(8)喫煙。
(9)危険物の持込み、及び火気の使用。
(10)文化ホールを含む建物、付帯設備への釘打ち、糊付け等、破損・汚損の恐れがある行為。
(11)事前に所長の許可を得ない、文化ホールを含む建物内におけるポスター、チラシ等の提示、又は配布。
(12)その他、所長が適当でないと認めた行為。

施設概要

                                      
●文化ホールの設備
文化ホールは「講演スペース」と「展示スペース」に分かれます。以下のような設備・備品がご利用いただけます。
(1)3人掛け長机(キャスター付き):25台
※講演スペースに配置できるのは最大で18台となります。
(2)椅子:100脚
※椅子だけを配置した場合、講演スペースに100脚配置することが可能です。
(3)正面スクリーン(縦約1.8m×横約2.2m)、側面スクリーン、プロジェクター、DVDプレイヤー
(4)マイク:3本
(5)スピーカー
(6)ピクチャーレール、専用フック及びワイヤー:40セット
※写真や絵などを吊るして展示することが可能です。
(7)展示用テーブル:8台

●住所
10547 台北市松山區慶城街28號
公益財団法人日本台湾交流協会 台北事務所 地下1階

申請方法

                                  
(1)希望する日時に空きがあるかどうかを、事前に台北事務所広報文化部までお問い合わせ下さい。(※なお、使用申請は使用希望日の90日前から40日前まで受付いたします。)
(2)貸出規程をよくお読みの上、以下の書類に必要事項を記載し、メール添付にて送付ください。

使用申請書兼誓約書(様式1)
事業企画書(様式2)
③(材料費等、実費の徴収を希望する場合)見積書及び収支計画書(様式自由)

(3)当所にて審査、使用許可が下りた後に「文化ホール使用承諾書」にて申請者に通知いたします。使用許可が下りるまで広報物・ホームページ等に文化ホールの利用を前提としたご案内はお控えください。
(4)使用後は当所指定の使用報告書(様式3)を活動実施後1か月以内に提出してください。

<お申し込み先>
住所:10547 台北市松山區慶城街28號4階
日本台湾交流協会 台北事務所 広報文化部
電話:02-2713-8000  内線2401
FAX:02-2713-0541   Email:info-k1@tp.koryu.or.jp