本文へスキップします。

【全】言語リンク
【全・日】検索フォーム
検索キーワード
【全・日】ヘッダーリンク
【全】言語リンク-SP
【全・日】検索フォーム-SP
検索キーワード
よく検索される語
【全・日】ヘッダーリンク-SP
ページタイトル

新着情報

新着情報(日本語)

2021年06月09日

COVID-19台北高雄

日本政府(厚生労働省)所定のフォーマットによる検査証明を発行可能な医療機関(重要)

1月18日作成
6月10日更新


 現在、日本人も含め全ての入国者・再入国者・帰国者は入国にあたり、出国・出境前72時間以内に実施したCOVID-19に関する検査による「陰性」であることの検査証明の提出が求められています。検査証明書を提出できない方(日本人を含む。)は、検疫法に基づき、日本への上陸が認められません。出発国・地域において搭乗前に検査証明書を所持していない場合には、航空機への搭乗を拒否されます。
 台湾の衛生福利部疾病管制署ホームページに掲載されている「自費檢驗指定醫療院所」を基に確認した結果、台北事務所及び高雄事務所の管轄内において、厚生労働省所定のフォーマットによる検査証明の発行が可能な医療機関は以下のとおりです。

  ・台北事務所管轄内(6月08日時点)

  ・高雄事務所管轄内(6月09日時点)


 ※ 検査を受ける際は、厚生労働省所定のフォーマットを医療機関に持参してください。
   受付時間、受取可能日数及び費用等については、御自身で医療機関に御確認ください。
   台湾における新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、現在,検査を一時停止している病院がありますので、御注意ください。

以下併せて御確認ください。
厚生労働省所定フォーマットの原則利用の勧奨
厚生労働省が有効と認める検査検体及び検査方法の早見表(厚生労働省ホームページ)
本邦渡航予定者用Q&A
検査証明書の提示・誓約書の提出・スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用、質問書の提出等について(厚生労働省ホームページ)
有効な「出国前検査証明」フォーマット(外務省ホームページ)

(問合せ窓口)
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
日本国内から:0120-565-653
海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

参考
衛生福利部疾病管制署ホームページ
自費檢驗指定醫療院所1100527
自費檢驗指定醫療院所檢驗服務時段及費用1100527.ods

承認:エディタ
承認:エディタ
承認:エディタ
承認:エディタ