本文へスキップします。

【全】言語リンク
【全・日】検索フォーム
検索キーワード
【全・日】ヘッダーリンク
【全】言語リンク-SP
【全・日】検索フォーム-SP
検索キーワード
よく検索される語
【全・日】ヘッダーリンク-SP
ページタイトル

新着情報

承認:エディタ
新着情報(日本語)

2021年05月17日

COVID-19台北高雄

新型コロナウイルスに関する注意喚起:台湾による査証申請受理の一時停止、及び有効な査証を所持している者の訪台の一時停止

 台湾外交部は5月17日、台湾における防疫対策のための入境制限強化(5月19日~6月18日)を受け、査証申請受理の一時停止、及び有効な査証を所持している者の訪台の一時停止に関するプレスリリースを発表しているところ、台湾に在留或いは訪台を検討している邦人の皆様はご留意ください。

 外交部プレスリリース(仮訳)

<タイトル>
 中央流行疫情指揮センター(CECC)が、5月19日から6月18日まで、台湾の有効な居留証を所持しない非台湾籍者の入境を一時停止することを受け、外交部は、各種査証申請の受理を一時停止する。

<本文>
 中央流行疫情指揮センター(CECC)は本(17)日、国内外のCOVID-19の感染拡大に鑑み、台湾国内の防疫安全及び国民の健康を維持・確保するため、台湾は5月19日0時から(現地の航空機搭乗時間)6月18日まで、緊急や人道的な配慮等、特別な許可を得た者を除き、台湾の有効な居留証を所持しない非台湾籍者の入境を一時停止する旨を発表した。

 外交部は、指揮センターの防疫政策を受け、各種査証申請の受理を一時停止する。現在有効な停留査証及び居留査証を所持する者についても、訪台を一時停止する。葬儀及び危篤の親族の見舞い等緊急で重大な事由のため急ぎ訪台する必要がある外国籍者については、指揮センターの特別の許可を得た後に在外事務所に対して特別入境許可の査証を申請しなければならない。

 上記措置は、指揮センターによる感染状況及び執行状況の評価に応じて適宜調整する。