本文へスキップします。

【全】言語リンク
【全・日】検索フォーム
検索キーワード
【全・日】ヘッダーリンク
【全】言語リンク-SP
【全・日】検索フォーム-SP
検索キーワード
よく検索される語
【全・日】ヘッダーリンク-SP
ページタイトル

新着情報

承認:エディタ
新着情報(日本語)

2022年05月03日

お知らせCOVID-19台北高雄

新型コロナウイルスに関する注意喚起:台湾入境後の在宅検疫日数の短縮等

 5月3日、中央流行疫情指揮センター(CECC)は、5月9日より、台湾入境後の在宅検疫の期間を7日間に短縮することを発表していますので、台湾に在留あるいは訪台を検討している邦人の皆様はご留意ください。

台湾衛生福利部疾病管制署プレスリリース
https://www.cdc.gov.tw/Bulletin/Detail/x3qV52F-jwv1-mkNZ0l02A?typeid=9

【仮訳】
5月9日0時より、入境後の在宅検疫の日数を7日に短縮するとともに、8日目から7日間の自主健康管理期間を継続する

 中央流行疫情指揮センターは本日(3日)、オミクロン変異株の潜伏期間が比較的短いこと、また、国内の防疫キャパシティの維持、社会経済活動及び効果的なリスク管理を考慮し、2022年5月9日0時より(フライトスケジュールの台湾到着予定時間)、入境後の在宅検疫の日数を7日間に短縮する旨発表した。関連措置についての説明は以下のとおり。

一、検疫日数及び場所

(一)在宅検疫の日数は7日間とする。入境日を0日目とし、8日目から7日間の自主健康管理期間を継続する。

(二)自宅又は親戚・友人宅において「1人1戸」を原則とする。各戸(家)で「1人1戸」の検疫条件を満たせない場合は、防疫ホテルに滞在して、7日間の検疫期間を終わらせなければならない。

(三)同日に入境した家族/同居者は、検疫期間中は、自宅又は親戚・友人宅で同居することができる。防疫ホテルに滞在する場合は、それぞれの希望及び部屋のタイプに基づき1つの部屋に滞在することができる。ただし、シングルルームは狭いので、2人までの同居を原則とすることをお勧めする。

二、検査方法

(一)PCR検査:入境時(0日目)に現行の措置に基づいてPCR検査を行う。

(二)家庭用簡易抗原検査キットによる検査

1.検疫期間満了日(7日目)に簡易抗原検査を1回行う。また、検疫期間中に症状が現れた場合に使用する予備の簡易抗原検査キットを提供する。

2.家庭用簡易抗原検査キットの適用対象となる年齢制限を考慮し、2歳未満の在宅検疫者は、検疫期間満了日当日にPCR検査を行う。また、自身で簡易抗原検査を行うことができない者については、地方政府が簡易抗原検査の実施を支援する職員を手配する。

3.家庭用簡易抗原検査キットは、入境時に各国際空港・港湾の職員により配布される。

 指揮センターは、再度以下のとおり強調する。
 入境後の検疫措置は新型コロナウイルスの感染を防ぐための重要なキーポイントである。検疫期間中の関連事項を必ず遵守し、ともに国内のコミュニティーの安全を守るようお願いする。