本文へスキップします。

【全】言語リンク
【全・日】検索フォーム
【全・日】ヘッダーリンク
ページタイトル

イベント・セミナー情報

新着情報(イベント・セミナー情報)

2019年08月19日

イベント・セミナー情報台北高雄

日本の最新FA・ロボット化事情セミナー

 日本は、産業用ロボットの年間出荷額,国内稼働台数ともに世界一のロボット大国であり、2015年にロボット新戦略を政府方針として掲げて以降、①世界のロボット・イノベーション拠点、②世界一のロボット利活用社会、③IoT 時代の世界でのイニシアティブの発揮を三本柱とした各種の政策を推進しています。
 少子高齢化や老朽インフラ等の社会的課題への対応に加え、IT、IoT、AIなどの新技術による新しい需要の拡大など、新規ロボット導入工場も増加の一途をたどっています。
 質・量ともに変化する需要に呼応し、2018年には、ロボット導入に欠かせないSIer(システムインテグレータ)による初の業界団体(FA・ロボットシステムインテグレータ協会)が設立され、人材育成やスキル標準化により、業界の基盤強化も進んでいます。
 今回、日本台湾交流協会は、台日産業合作推動辦公室(TJPO)と共催で、「日本の最新FA・ロボット化事情セミナー及び日台企業交流会」を開催し、日本のFA・ロボット化の政策並びにSIerに関する取り組みについてご紹介する他、日台連携の成功事例として、日立ハイテクノロジーズとMOUを締結する華創聚智科技の発表も予定しています。
 また、プログラムの第二部では、8月21日~24日の期間,セミナー会場で開催される「台北自動工業化展(Taipei Automation) 2019 」の日本台湾交流協会ブース(南港展覧館二館1F Q区923)に出展する日本企業11社のうち以下5社による商品発表と、企業交流会も予定しております。(8月22日午後には,11社との個別商談会も設けております。ご関心のある方はこちら へ。)
 自動化分野における日台間のビジネス連携のご参考となることと存じます。多くの方のご参加をお待ちしております。

日  時:2019年8月22日(木)09:30-12:00
場  所:台北南港展覧館二館1樓 大廳會議室(台北市南港區經貿二路2號)
指  導:経済部工業局
主  催:(公財)日本台湾交流協会,台日産業連携推進オフィス(TJPO)、日台ビジネス交流推進委員会
後  援:台湾智慧自動化與機器人協会(TAIROA)、台日商務交流協進会、
FA・ロボットシステムインテグレータ協会、中小企業基盤整備機構
内  容:(同時通訳にて実施)
第1部 セミナー(09:30-11:30) ※プログラムは、予告なく変更する場合があります。
(1)『日本のロボット政策の紹介』(仮題)(25分) 
  講師:経済産業省製造産業局産業機械課ロボット政策室 濱名 瞬 氏
(2)『日本の製造業の現状とSIer三明機工の第4次産業革命への取組と省力化事例』(35分)
  講師:FA・ロボットシステムインテグレータ協会会長/三明機工(株)代表取締役社長 久保田 和雄 氏
(3)日台企業連携成功事例紹介(日立ハイテクノロジーズ・華創聚智科技)
  『解碼工業大數據 (産業用ビッグデータのデコーディング)』(15分)
講師:華創聚智智能科技股份有限公司 顏均泰 資深顧問
(4)『スマート化の潮流における台湾のロボット人材育成』(仮題)(20分)
講師:台灣智慧自動化與機器人協會(TAIROA)宋開泰 常務監事

第2部 自動工業化展出展日本企業によるプレゼンテーションと日台企業交流会(11:30-12:00)
プレゼンテーション企業
(1)株式会社冨士精密(特殊ナット)
(2)4Dセンサー株式会社(形状及び変形計測装置)
(3)株式会社Doog(追従型運搬用ロボット)
(4)株式会社ラインワークス(溶接ロボット支援システム)
(5)株式会社フレックラム(治具・金型。台湾初公開の金型技術を発表)

参  加:無料
定  員:100名(先着順。定員を超えた場合はご連絡します。)
申込方法:当協会webサイトからお申込みいただくか、別途申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。 ※ご提供いただいた個人情報は適切に管理し、ご本人様の同意なく利用目的(会場の収容人数に照らし参加者数の把握,当日の受付業務)を超えて利用することはいたしません。
締  切: 2019年8月20日(火)
問 合 先:公益財団法人日本台湾交流協会 台北事務所 経済部
     電話:+886-(0)2-2713-8000  樋口,正岡,安永

承認:エディタ
承認:エディタ
承認:エディタ
承認:エディタ
承認:エディタ