本文へスキップします。

【全】言語リンク
【全・日】検索フォーム
【全・日】ヘッダーリンク
更新日時

2012年 11月 1日作成

コンテンツ

 経済部が10月23日に発表した最新の工業生産動向によると、9月の工業生産指数は129.54、前年同月比+3.00%とここ3ヶ月以来の最高となったほか、2011年9月以来(旧正月を除く)最大の増加幅となった。高いウェイトを占める製造業生産指数は132.53、前年同月比+3.08%となった。四大工業において、情報電子工業が同+10.07%と最も高く、次いで化学工業は+3.28%となった。一方、金属機械工業及び民生工業はそれぞれ▲10.06%、▲0.99%となった。情報電子工業が9月に高い伸びとなったことは牽引車となる電子部品業が同+14.25%と2011年4月以来最大の増加幅となったためである。

 コンピュータ電子商品及び光学製品業は同▲5.54%と減少幅が一桁に縮小した。これは主にWin8の新世代商品が間もなく発売されるため、関連部品の増産をもたらしたことによるものである。一方、民間投資指標である金属機械業は同▲10.06%となった。うち機械設備業は▲15.68%と注目を浴びている。これについて、工業局は、「機械設備業の「量」(生産指数)は減少しているものの、生産金額は減少しておらず、国内販売品の単価は上昇している」と説明している。

 比較となる昨年の第4四半期の基準がやや低かったため、今年第4四半期の工業生産年増率はプラスとなる見込みである。

 楊貴顕・経済部副統計長は、「欧米クリスマスに向けてスマートフォン及びタブレット型コンピュータは引き続き電子部品業の生産力を下支えとなっている」との見方を示した。
 



工業生産指数の前年比伸び率(製造業種別)[PDFファイル]  [81KB]