本文へスキップします。

【全】言語リンク
【全・日】検索フォーム
【全・日】ヘッダーリンク
更新日時

2016年 12月 9日作成

コンテンツ
 行政院主計総処は11月22日、最新の労働力調査を発表した。同調査によると、景気回復、連休のビジネスチャンスに伴う雇用の増加から、10月の失業率は3.95%に改善し、ここ4ヶ月の最低となった。

 潘寧馨・国勢調査処副処長は、「新卒者が次第に就職したこと、連休のビジネスチャンスによる雇用増加に伴い、10月の就業人数は前月比1.5万人の増加となり、うち製造業及び卸・小売業は前月比それぞれ3,000人の増加で、各業種では最多の増加となった」と述べた。

 調査によると、10万人以上の新卒者の労動市場への流入に伴い、7~8月の失業率はともに4%以上となったものの、就職先が見つかったことにより9月から次第に下降し、10月は3.95%に改善した。また失業者数は46.4万人と今年の失業者のピークに比べ1.6万人の減少となった。

 また、10月の季節調整後の失業率(季節要因を除く)は3.90%と今年の最低となった。これについて潘副処長は、「労働市場の各項目のデータからみると、当面の失業情勢が次第に安定しつつある」との見方を示した。

 社会が関心を寄せている青少年及び学歴層の失業状況について、10月の20~24才の青年失業率は12.88%(9月13.03%)で、25~29才の青年失業率は6.79%(9月6.86%)と両方とも改善した。また高学歴層の失業率も引き続き下降しており、10月の大卒及び大卒以上の失業率は4.91%(9月4.95%)、専門学校の失業率は2.91%(9月2.96%)に改善した。







雇用動向表[PDFファイル] [57KB]